たのしいまいにち


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

500円玉貯金の使い道



R0015218.jpg


500円玉貯金をしています

何年前からかは、覚えていませんが、けっこう貯まりました♪

たまったら、欲しい指輪があったのですが、やめました

今の自分には、必要ない というか、それは、今じゃなくていいかな~ と


自己投資に使います!

ここ数年、仕事を終わった時の事を模索し続けてきましたが、ほんと朝令暮改(汗)

どうしようか、どうしたいかが、どんどん変わって、もう恥ずかしい位なのですが、今回やっと道筋が決まる雰囲気です

(いやいや、私の事だからまた変わるかも (T_T) )



資格をとるための通信教育を受ける事に使います

45歳で、どこかにお勤めしようと思っても、会社はまだ実質 解散していないし、年齢的にも厳しいし、いずれ定年もくるし

学んだ手相は、趣味のスキルとしては、面白いけれど、経済的に成り立つかといえば、私の場合ちょっと違うかな?と

お友達に裁縫で食べていくってのは?とも言われるけれど、どう考えても趣味レベル

気学は、ライフワークとして学び続けてはいくけれど、やはり食べていく糧とは違います

スキーは、追求していきますが、通年ではありません

文章を書いていきたい事も、続けてはいくけれど‥

会社のあった場所で、飲食をするって案もありましたが、楽しそうだけど、不動産収入などが、もう少しあったらなぁ

などなど

結局、 「 わくわく 」を追及して、食っていける路線は、私の場合、無理でした
                                   チーン

(この結果がでるのに、長い年月がかかりました)




独立して仕事ができ、概ね定年もない資格を取得して、それを経済的柱とし、その後、趣味的な事も深めたかったら、深めていく事に決めました

合格するのに、必要な勉強時間は、だいたい2000~3000時間だそうで(汗) 今年の試験には間に合いませんが、来年7月の試験に向けて調べている所です

通信教育も、思っていたより高くって、ひるみそうになりましたが、500円玉貯金の使い時かなと思った次第です



スポンサーサイト
  1. 2016/03/10(木) 09:27:40|
  2. 日記
  3. | コメント:2
<<3月11日 | ホーム | 2015年のマイ・ヌプシ>>

コメント

あーーー分かります~~

私もお裁縫で~とか、通訳とか~とか、イラストレーターで~とか、言われるんですけど趣味レベルだったり・・・仕事にはしたくなかったり・・・イマイチ食べて行くにはね・・・って感じだったりしますよね

趣味と実益をって本当に難しいっ!
好きな事って変に根をつめてしまったり、納得するレベルが非常に高かったりしたり・・・
嫌いじゃないけど、仕事と割り切れるくらいのレベルが私はいいですね

趣味と実益を両立できている人は本当に本当に尊敬します

どんな勉強かこんどこっそり教えてくださいね!
また、合格めざして頑張ってください!Kanaさんなら絶対に合格できますよ
合格、お祈りしてまーす!
  1. 2016/03/10(木) 23:10:38 |
  2. URL |
  3. Yukko #idpD9AK.
  4. [ 編集 ]

Yukkoさんへ♪

ね~ 本当に!

巷では、
本当にわくわくする事を追求していけば、
幸せになって、お金もついてくる
なんて言っている本も多くって
間違いでも、わるくもなくって
それができれば、最高なんだろうけれど
自分とはちょっと違うのかな~ って
最近やっとわかりました

もしかしたら、そこに至る努力が足りないのかもしれないのですが(苦笑)

じじゅうなかばにして、気が付くのは
遅くて、お恥ずかしい話ですが
あと20年近くを
どう生きていきたいか?
考える機会になって、よかったです

でも
はたから見れば、YUKKOさん、
通訳とかイラストレターとか
他の人は持っていない引き出しが
たくさんあって、何か生かせそう って
確かに思っちゃいます(笑)


まずは、背骨となる基盤を整えて
そこから、趣味の世界ももっと深めていきたいです!

本当に決めたら、言っちゃいますね♪
ありがとうございます


  1. 2016/03/11(金) 08:36:54 |
  2. URL |
  3. kana #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。