たのしいまいにち


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おばあちゃんのおひなさま

わたしは、長女ですがひな人形を買ってもらった事は、ありませんでした

母が、お嫁に来る時、段飾りのお雛様を持ってきたからです

(あぁ、母が亡くなってから1度も出してない‥ おひなさま、ごめんなさい)

今、マンションにあるのは、夫の家のお雛様です

それともう一つ、わたしの祖母が作った、ちりめんのうさぎのお雛さま

おばあちゃんが、晩年趣味で作ったものを、なんとなくもらってきてそのまま持っています

マンションのエレベーターホールに、有志交代でちょっとした花を飾っているので、毎年2月になるといつもこの、おばあちゃんのうさぎ雛を飾っていました

今年は、順番がくるって、3月に当番がきたので、ひなまつりの当日にあわてて飾りました

雪国は春が遅いから、1か月遅れで飾るのよ~なんて言ってた母を思い出します


さてさて、ここには祖母の物はほとんどありませんが、朝、父に、これはおばあちゃん(父にとってのお母さん)の作ったひな人形だよ って教えてあげたら、へぇ~ ‥‥ と

特にコメントはなかったけれど、何か感じる事があった雰囲気です

そうしたやりとりを見ていたり、毎年これは、ママのおばあちゃんの作ったおひなさま なんて聞いて育った娘が、このおひなさまを見れば、ご先祖さまというとおおげさだけど、つながってつながって、今自分がいることを感じる時がくるかもしれないなぁ としみじみ思います

住宅事情もあるので、たくさんはいらないけれど、こうして  「誰々の何か 」 があるっていうのも、いいなぁと思いました

写真を撮ったらまた追加したいと思います
スポンサーサイト
  1. 2016/03/03(木) 08:30:50|
  2. もの
  3. | コメント:0
<<電子書籍LOVE | ホーム | 3月1日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。