たのしいまいにち


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月が見ている


カーテンのない寝室のベッドの中で、
外からの視線が気になって
ふと見上げたら、
キャッツの目のような月

太古の時代に生きていた人も
戦乱の世に生きていた人も
おばあちゃんが子どもだった時も
おんなじように、
月は夜空をまわってたと思うと
哀愁というのか
ロマンというのか
言葉ではうまくいえない
何とも言えない気分になる

前世とか、
興味は全くないのだけれど
生まれかわりがあるとしたら
昔の私も
なんともいけないこの感じで
月を見上げていたんだろうな
スポンサーサイト
  1. 2016/02/28(日) 23:35:23|
  2. 日記
  3. | コメント:0
<<そうそう! | ホーム | 新幹線の車窓から>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。