たのしいまいにち


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小手の修理 2


 R0015166.jpg
 Before


 R0015167.jpg
 After


この小手は、親指に穴が開いていました

穴は、そこまで大きくなかったので、合皮で裏張りをしてから、表面に、穴と同じ大きさに切り抜いたパッチを当てる方法にしました


穴が、奥のほうだったため、縫せいボンドは使えません

アイロン両面テープを使い、穴より大きいパッチを作り、裏打ちしてから、表の穴をふさぎます

表の穴は、裁ほう上手を使って♪ う~ん便利

穴の横の、(写真で見ると藍色の部分で四角く剥げたようになっている)所も、このボンドをつけてアイロンで抑えておきました

アイロンをあてるのが難しいので、ダンボールで親指に合わせて作った芯をいれてます


本職のお直しやさんの直した後を見ると、縫っているので、本当だったら、同等の厚さの皮で縫うのがいいようですが、縫った糸って、切れやすくないですか?

(経験のある方が、いつかコメントしてくださる日を待っています)

糸である以上、そこに摩擦がかかると切れてしまう可能性があるので、「 面 」で直しているのですが、どうなのでしょう?

実際、使っている父にも聞いてみよっと♪



スポンサーサイト
  1. 2016/02/05(金) 14:01:16|
  2. 小手のお直し
  3. | コメント:0
<<インフルエンザに | ホーム | 小手の修理 1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。