たのしいまいにち


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

変わりたいか?


変化をおそれず、そのまま受け止めていく事や、変わりたいって強く思うことがあれば、何かしらのアクションを続けていく事は
とっても重要です

が、アタマでわかっていても、なかなかできるものではありません

変化したいと、なんとな~く思っていても、今のままでいる事の方が、簡単なので、ちょっとやそっとの事じゃ、自分を変えることなんてできません

先日の勉強会に、いつもは私服の友人が、お仕事モードの服で来ていました

なんだかビシって決めていてかっこいい!
聞いてみると、スタイリストさんに選んでもらったものだとか

ファッションの好きな人は、自分で選ぶ楽しみもあるでしょうが、苦手な人は、専門家に頼んでみるのもいいね なんて話をしていました


そこで、ハッと気がついた私

以前、パーソナルコーディネーターみたいな人に会って(お金を払って)似合う色とか、髪型とか、お化粧の仕方とか、ファッションの方向性を、数時間かけて習ったことがありました

わざわざ、横浜まで出かけていきました

行った後と、行く前で何か変わったかと聞かれれば、残念ながら、NOなのです


ちっとも変わらなかったよ、私
                   

それは、そのコーディネーターがわるいのではありません

私自身が、心底変わりたい!って思っていなかったからです

お化粧には興味があっても、ファンデーションを塗るのはイヤで、メイクをしなくても許される環境だったからです

好きなスタイルは決まっていて、たとえ1週間同じ格好でいても、違和感は全くありません

考えるのがイヤなのではなく、好きなスタイルが少ないのです

結局、自分を素敵に見せる事よりも、自分が快適に過ごせる方が強かったので、お金を払って、分析&レッスンしてもらっても
何も変化がなかったのです


それって、いろんなシーンにあてはまります

変わりたい!って口では言っても、本当のところは、今のままのほうがいいって、本当によくある話です

そもそも、変化するって、自分のコンフォートゾーンから離れる訳で、自分のコンフォートゾーンから離れるって、実はものすごい労力が必要な事なのです


へなちょこで、中途半端な自分の中身を変えたいと、常に思っていたので、見た目を変えることの方が、ずっと難しいことでした


そうはいっても、40代も半ばに差し掛かり、ルックス的に、このままじゃイカンだろう と心の底から思っったので、最近、顔のシミを取るために皮膚科に行き、塗り薬もらってきたり、髪を伸ばしてみたりしています

要は、自分自身がどこまで本気で 「 変わりたいと思えるか 」 という話でした







スポンサーサイト
  1. 2016/02/01(月) 22:15:52|
  2. 日記
  3. | コメント:0
<<冬のタートル | ホーム | 朝食には、これが欠かせない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。