たのしいまいにち


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

amazonのレビュー

amazonのレビューって、参考にしてますか?

私は、してます

amazonのレビューについて、ちょっとしたうわさは聞いたきとがありました

もちろんレビューは、全てではない思ってましたが、
「ああ やっぱり」という事があったので、書こうと思います

先日、ある時期のニュースで注目されていた人の本が出版されました

私は、本はたくさん読みますが、タレントの告白本のようなもの、話題性をねらったニュース性に富んだものには全く興味はないのですが、この騒動のまるで魔女狩りのような一方的なマスコミに、疑問を持っていたので、発売日には、kindleで入手し、移動中の新幹線で読み終えました

今回、ここではその人の是非は書きません
本当のところは、当事者達しかわからない事です

この本を読んで、「私」は、著者の言っていること、書いていることに矛盾を感じなかったので、著者よりのレビューを書きました

皆に読んでほしい本かと聞かれれば、そんな事は全くありません

本として面白いか?、本棚に大切に持っていたい本でもありません

けれども、このような形でしか発言する場がなかったであろう状況、社会的に抹殺されてしまった無念さ、等々考えて評価はよくつけました

発売日の午後の段階で、すでにレビューは50位ありましたが、何故か上に表記されているのは、星1つの反著者サイドの意見ばかりで、高評価のものは、後ろに固められていました

夜、レビューを投稿し、しばらくして掲載された旨のメールがamazon から届いたので、チェックしてみると、たったさっき投稿したレビューは、なぜかすごく後ろに掲載されていました

時系列じゃ、ないんだ!

さすがに日付はいじれないだろうから、同じ日の中だけかもしれませんが、明らかに操作されてました

悪いレビューが、目につきやすい所においてありました

amazon って、好きだったのに、
ものすごおおおおおおおおおおおく、残念

レビューって、そうなの?
それでいいの?

レビューそのものの操作じゃなくたって、
良くないでしょ!

これが、amazon サイドの意向なのか、
投稿のチェック係の一存なのかわからないけれど
(こんな器の小さいことするのは、投稿のチェック係一個人の仕業と思いたい!)
こういう事は、キライです

スポンサーサイト
  1. 2016/01/28(木) 20:35:52|
  2. 日記
  3. | コメント:0
<<ヒルトン東京ダイヤモンドクラブ | ホーム | お誕生日に頂いたお花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。