たのしいまいにち


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おとなの公文


母(私)的には 早期教育とかそんな気が全くありませんでした

が hina が未満児クラスにいた時の
大好きな憧れのお姉さんに会えるから『くもん』に誘われ
そこに行けば お姉さんに合えるし 同じことをやってみたい というので
年少の頃から hina は くもんに行っています


はじめて 2年半以上経ちましたが
hina に くもんは合っているようで
今では 歯磨きと同じように 毎朝の習慣になりました


365日のうちの長期旅行の1週間以外の毎日しています
ちょっとした旅行の日も 
イベントの日も
くもんがある日(ふつうは くもんの日はしないらしいです)も
こちらが びっくりする位に毎日しています

『学び』が楽しいようです


計算がわかるようになって 日常生活で便利なことがわかると
世界が少しずつ広がっているようで
ともすると 計算のみ 反復のみと思われがちな『くもん』ですが
hina を見る限り けっして計算のみが特化され得意になる感じはしません

こくごも
新しい漢字が学べ
身の回りの発見材料が増えて 楽しそう
私やhina だったら選ばないようなお話にも出会え
読書の奥行きが 増しているように思えます



(も)=夫と 自分達が幼稚園の頃は
勉強する習慣なんてなかったよね~ といつも話していますが
どちらかといえば 勉強という感じではなく 
今はまだ 遊びの延長なようです


そうそう
テーマは こどものくもん ではなく
おとなのくもんでした
            脱線 だっせん


くもんで 時々面談をしてもらいますが
私もやってみたいな~ とポロって言ってしまい
ちょうど無料体験期間中だし
じゃ お母さんもはじめますか と
トントン拍子に 始めてしまいました

『さんすう』です

(本当は 『えいご』がしてみたかったのに
 何を血迷ったか 算数を!)


中学1年生(G教材)からスタートしました


理系だったので 出来て当然と 夫に指摘されましたが
小学校6年生の計算は 相当難しい

29/259みたいな 割り切れない ありえない答えが
じゃんじゃんでてくるし
始めたその日に後悔~
   山登りの登りはじめの気分を思い出しました


なんとか計算が終わり 
因数分解に入って やっと楽しくなってきましたが
これを毎日コツコツしている子ども達って 
えらいっって心底思います


8月からはじめて 今中学3年生(I教材)を学習中



1単元終わるとテストがあるのですが
時間と正答率で 次に進めるかどうかが決まります
頭から湯気がでるんじゃないかって位
フル回転で計算しないとなんですが
そんな緊張感も 久しぶりで楽しめました

週2ある くもんの日の 
週1だけ 教室で席について学習しますが
(宿題の間違い直し)
子ども達に混じって 学習するのもちょっぴり楽しいです



中3でひとまず止めようと思っていたら
「ママ せっかくはじめたんだから 最終教材(高校修了)まで目指しなさい」と
先生とぐるになって 娘がけしかけます



1年間だけ(来年の7月まで) やってみようかな
そこまでに最終教材修了できるといいけれど
ここからが 大変なのよね~

どうする私?





スポンサーサイト
  1. 2013/12/17(火) 09:22:10|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<文化服装学院通信教育修了を目指して | ホーム | コーヒーの友>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。