たのしいまいにち


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

思ったこと

R0013645_convert_20131002133143.jpg


毎朝楽しみにしているブログ 早起きさんの『私色の時間』
本日のお題は ちょっとシリアスな(いつもはシリアスじゃな訳ではないです!)
いじめと保守と放置についてのお話でした



子どもを持つ親的には
できれば避けて通りたい
関わらなくてすむものなら 
関わらずにすませたい事


実際そうはいかないんだろうなぁ というのが実情です

今日は(も)=夫の休日だったので
ランチをしながら 私達の方針について話し合ってみました


まだ幼稚園児
深刻な事態には遭遇していません
これが発展するといじめにつながるのかなぁ などという
いじめ予備軍のような事があった位です



私達夫婦は スポーツをしています
ありがたい事に インターハイにでる高校生や
全国大会にでる中学生に接する機会が多々あります

hina が 辞めてしまった習い事でも
世界大会に出るような練習を日々重ねている子どもたちは
本当に キラキラと日々がんばっています

彼・彼女達に 直接いじめについて聞いた事はありませんが
自分の目標を持って 真剣に打ち込むモノ・コトがある人は
いじめにあったとしても
そこだけにフォーカスせずにいられます

他の子をいじめるような ひま人もいないようです


本当に何かにがんばっていたら
周りも ある意味一目置いてくれて
いじめられる感じでは なくなる気もします
(宮里藍ちゃんみたいに そうでない例もたくさんあるでしょうが)


私自身 小・中学生でいじめられた事がありますが
進学校である高校に進学し
全くいじめがない環境になった時の解放感は
それはそれは さっぱりしたものでした
ひとりひとりが 他人のマイナスな事への興味がないのです
あ~ いい学校にこれてよかった~ と心底思いましたし
同級生も口をそろえてそういっています
   

いじめられることによって
人の痛みがものすご~くわかるようになったし
(反面 人の顔色が気になるとも言えるのですが)
今となっては いい経験(汗)とも言えるけれど
できれば 避けて通りたい
              あ 話が戻った


(今のところ)幼稚園のクラスの中で いちばんやさしいと
お友達から言ってもらっているhina ですが
何気なく いじめに加担する側はなってほしくないし
正義感バリバリで 正面切っていじめっ子と戦うタイプでもなさそうで
そんなに心配はしてません



本人がなりたいという スポーツ選手目指して
勉強も運動も がんばってれば 
避けては通れなくても
受けるダメージは少なくなるかもね
これが 今日のランチでの私達の現段階での結論でした

ママとパパは あなたの味方で
あなたの居場所は ここ(家)にちゃんとあるからね って
常々言って聞かせています


毎日 むぎゅ~ってして
だいすき~ って言って
こちょこちょして笑ってます
いくつまで そんな事ができるのだろう(笑)‥




早起きさんの提起してくれた問題から
別方向に向いてしまいましたが
今の段階では こんな風に考えています









 




スポンサーサイト
  1. 2013/10/02(水) 14:17:10|
  2. 日記
  3. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | 秋のはじまり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。