たのしいまいにち


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

文化通信教育・スカート編 はじめる


今日 今年初めて朝の時間がとれました

幼稚園が始まっても (も)=夫が平日休みの場合
登園時間は遅くなったりで 出勤までのフリータイムはありません


そして やっとやっと課題始動
まだ段取りがわるかったりで 30分しかできなかったけど
はじめる事が大切よ! と少しの間でもできてよかった~


スクーリングで習ったことを思い出し(かなり忘れてるが)
基本のタイトスカート 1/4 の製図から始めました

R0013842.jpg


曲線定規や 基礎のテキストなどを
発掘してこなければならず 今日はここまで



さて 文化通信教育の先輩!の早起きさんから
一緒にがんばりなさい と紹介された! えださ~ん!
はじめましたか~ (笑)
スポンサーサイト
  1. 2014/01/09(木) 09:45:08|
  2. 文化 通信教育
  3. | コメント:2

課題 スカートへ出発

来年10月の2年の期限修了目指して
そろそろ文化の通信の勉強を復活します


ちょうど ブロ友さんの早起きさんが 同じ通信教育を
見事に修了したばかりでした

早起きさんに スケジュールの相談にのっていただいた昨日
文化からの会報も届き
ずっとずっと探していた生地も届きました


修了製作の際には
ツィードでブラックジャケット(スーツ)を作りたいと思っており
(本当は 親子スーツだったけれど 子パートは間に合わず)
少し前に 思うような生地をみつけたのです

憧れていた生地で
今まで買った生地の中で 一番高かったです!


黒といっても 様々ですが
思うようなものが やっと入荷したようだったので
問い合わせをしたところ
お店の方が サンプルを送ってくださり
これに決めました


う~ん
憧れの☆素敵なツィードだけど
縫うのは 難しそう‥

1リントンツィード
              写真じゃ わかりにくいですね‥



スカート ワンピース ジャケットの着分を購入したので
ここは方向転換で 課題はパンツではなくスカートにしようと思います

                      パンツも準備したんだけどなぁ

さぁ 始動!
スカート1月末提出を目指します☆

  1. 2013/12/19(木) 09:02:30|
  2. 文化 通信教育
  3. | コメント:0

スクーリング 平面作図 スカート・パンツ

文化服装学院 スクーリングに行ってきました

今回のテーマは 『平面作図 スカート・パンツ 』
  用具 
   指定のもの
・1/4縮尺定規 ・1/4自在縮尺定規 
     ・プロジェクトペーパー(5mm方眼入り作図用ノート) ・トレーシングペーパー
・はさみ ・メンディングテープ ・筆記用具
    
   あればよかったもの
     ・製図用のシャーペン(0.3mm 0.5mm)
     ・30cmぐらいの定規


今回は  15人くらいの参加者
前回の スクーリングにいらした方も ちらほら
10代のお嬢さんから 60代の?方まで
いろいろな方がいらっしゃいました

私自身は 3回目の参加
場所も覚え 辺りを見回す余裕もできました
教室には 時間表なども貼ってあって
ここで勉強していたら 楽しいだろうな~

講師は (お名前がわからなかった‥)
スクーリングで教えるのは はじめてなようでしたが
テキストには載ってない 小話(もちろん内容に沿った)もあり
楽しく学ばせていただきました


以下 覚えている範囲でのレポです

続きを読む
  1. 2013/07/06(土) 13:55:49|
  2. 文化 通信教育
  3. | コメント:0

スクーリング 服作りの基礎

文化服装学院 スクーリングに行ってきました

テーマは 『 服作りの基礎 ①』
  用具 製図 パターン 手縫い ミシン 素材


今回は1月の 原型を着る と違い
参加人数も 20人以上(多分)
10代のお嬢さんから 60代の?方まで
いろいろな方がいらっしゃいました

4月ですし 半数以上が始めて間もないよう方のようでしたが
中には すでに卒業課題も提出された方(しかも9カ月で!)も
いらっしゃっいました

4~5人の方ぐらいとしか話をしなかったのですが
私の他にも 新幹線を使って来た人がいましたし
明らかに 泊まりで来てる方もいました

講師は 丸山晴美先生
本など執筆なさっている有名な先生に直で教えていただけて
うれしいかったし
なにより 知らなかった事
間違っていた事等も わかり
行ってよかったです

できれば 原型の製図を書く前に行きたかった‥
始めたばかりの方で 日程等が合う方は
おすすめです☆

覚えている範囲でのレポです

続きを読む
  1. 2013/04/21(日) 00:10:32|
  2. 文化 通信教育
  3. | コメント:2

スクーリング

4月20日(土)に
文化服装学院で スクーリングがあります

テーマは 『 服作りの基礎 ①』
  用具 製図 パターン 手縫い ミシン 素材

です
行きたいな~ と思っていたら
その日 夫が休みの希望を出してくれていました☆
(ローテーション勤務 希望制です)

うかうかしていたら 締め切り過ぎてしまいましたが
電話で確認したら OKをいただき 申し込みを済ませました

10日ぐらいしかありませんが
それまでに パンツの製図が出来たら仕上げて
わからない所等々 質問してこれたらいいな と思っています

すっかり 春休みモードで
ふわふわばたばたでしたが
今日から またがんばってみよ~


行く予定の方 いらっしゃいますか?
  1. 2013/04/08(月) 15:44:30|
  2. 文化 通信教育
  3. | コメント:0

エクシード キルトスペシャル

ピアノバックを作り始めた後
私のメインミシンが エクシードに変わりました

職業用ミシンに 興味があって調べていた時に
しもだミシン』を見つけました
   っていっても
   ミシンの事で何か検索をかけると 
   大抵 しもだミシンの記事やコラムにヒットします(笑)
   ミシンの百科事典のようなホームページです

エクシードは『しもだミシン』のしもだ監督おすすめミシン

    (監督というのは 注文した際に しもだ店長が
     わたしは いわば あなたの監督です っておっしゃった時からの
     言い方☆)

このお店では ミシンのプロの店長が選びに選んだ 
精鋭の機種だけを売っています

 例 家庭用ミシン JUKI エクシード
   職業用ミシン ジャノメ HS80
   ロックミシン Babylock 糸取物語

自分で調べぬいて いいミシンを見つける事もアリだとは思いますが
プロ中のプロが 自信を持っておすすめするのだったら
それに勝るものはないな と納得したので
エクシードに決めました

そして何よりいいのが
監督のお人柄と アフターサービス万全というところ


本当に いいご縁をいただきました
本当に いいミシンに出会えました

3枚重ねのキルティングも
快適にスイスイ縫えます
剣道の袴の紐部分も ずんずん縫えました

微妙な使用感って ミシンによって違って
止めた時の 針の一落ちなど 微妙な使用感に
慣れるまで 少し時間がかかりましたが
もう大丈夫です

エクシード いいミシンです
仲良くしていきたいです


しもだミシンのブログ
ぜひ 店長のお人柄にふれてください☆
 

  1. 2013/02/16(土) 09:37:23|
  2. 道具
  3. | コメント:0

文化 通信 スクーリング

文化服飾学院 通信教育のスクーリングに行ってきました

今までも 何度か行きたいテーマはあったのですが
都合がつかず 足を運ぶ事ができませんでした

今回は他にも キルトフェスティバルや 寺門さんの個展や
この週末に集まり かつ(も)のお休みが週末にあたったので
本当にラッキー☆


講習は 9時からと思って 急いでホテルを出発しましたが
10時からでした‥
おかげで 購買部をゆっく~り見ることができ 大満足

それから 余裕をもって教室に入ることが出来たので
結果オーラいでした

今回のテーマは 『原型を着る』
各自作図し添削を受けた 自分の原型をもとに
トワルを組み それを先生に検証していただき
補正する という内容でした

続きを読む
  1. 2013/01/26(土) 21:55:54|
  2. 文化 通信教育
  3. | コメント:2

縫製の勉強

中学生の頃から ソーイングが大好きで
自分で考えて作ったリュックで
(型紙とか 本を使わずに 手持ちのリュックを見て作ったもの)
学校に行っていました

当時は 祖母の重~いミシンをひっぱりだして
何かを作り始めると 楽しくてやめられなくて
夜中になったこともありました

大学生の頃 初めて自分でミシンを買いました
ミシンは決して安くなかったし
何を作ったかって カーテン(汗) ぐらいしか覚えてませんが
ミシンは身近に置いておきたかったような気がします

本格的に習った訳でもなく
小中学校の家庭科で習った知識?と
どうしてもわからないところは 本で読むくらいで
ずっとずっと 勝手にやってただけでした


が 最近 自分の中で ちょっと
     いやいや 大きな 大きな 意識変化があり
まじめに縫製の勉強をすることに 決めました


私が作ったものを 「えっへん(どうどう? すごい?)」と 母に見せる度に
あんたは進む道を間違ったわねぇと よ~く言っていた事も 思いだし
母が背中を押してくれたような気になり ますます モチベーションUP! 
       (ほんと 勝手にその気になっただけですが(苦笑)
                            それって 大事よね)


決まるまでは 本当に長い道のりでしたが
決めたら 早いです!

 * さっそく 縫製の通信教育を申込みました
 * ミシンを 新調することにしました
 * 使ってないお部屋を ミシン部屋にすることにしました


技術的なことは それこそ職人技なので 40歳過ぎてからのスタートで
職人さんのようになれるとは思っていませんが
持ち前の探究心(自分で言うのは 恥ずかしい)で
10年後 自分がどう成長できているか とっても楽しみです

                     がんばれ私

久しぶりに わくわくしてきました♪


と 思っていたところに
な・なんとなんと 監督が現れたではありませんか!

  時間切れなので 
  次回 『しもだ監督っ』 に続く
  1. 2012/09/26(水) 09:39:52|
  2. 縫製の勉強
  3. | コメント:2

しもだ監督っ (「っ」が大事)

前回 「縫製の勉強」から 続いています
長文です


縫製の勉強を始めようと決めた時
ミシンの事を 考えました

気になるポイントは 2つ

  * 職業用ミシンのこと
  * ボタンホールのこと


以前から 職業用ミシンにちょっと興味がありました
私が時々おじゃまするブログのブロガーさん達も
ハンドメイドをつきつめていくと だんだんと欲しくなるようで
いつの間にか持っている 職業用ミシン‥

直線縫いしかできないそうだけれど
「縫い目がキレイ(らしい)」職業用ミシン‥

糸きりボタンは 使ったことないので 使ってみたいなぁ
「おさえ」を太もも?ひざ?で上げ下げするレバーも 便利そう


だいたい「職業用」って響きも なんだかかっこよく聞こえます



それから ボタンホール
いろいろなボタンホールが きれいにできるミシンについて
調べました
工業用の専用機が めちゃめちゃ高いこともわかりました

工房を開いて お直しや 仕立ての仕事をしている知り合いに聞くと
コート・ジャケット類は 外注に出すけれども
シャツ類などは 「家庭用ミシン」で仕上げているとの事

              か・家庭用なんだ~
              ちょっと 意外な感じ




この2点について いろいろ調べた結果
偶然にも(いやいや 必然!)
答えは 2点とも 『しもだミシン』さんに ありました!


 * ミシンの縫い目の差は ほとんどわからない位
          (要は 気持ちの問題? と私は解釈しました)
   違いは 速さ
   残念ながら 私の縫うスピードは 遅いし
   速さを求めている訳ではないので
   職業用は 現時点ではいらないかも‥

   

 * ボタンホールは コンピューターミシンが
   簡単で きれいで 楽しそうです
   逆に 職業用ミシンに アタッチメントをつけるのは
   ちょっと大変そう
   


本当だったら 他の候補機の縫い目も実際に見て決めたいところ
(いやいや 時間をかけてでも そうするべきところ)ですが
私 この時点で しもだミシンさん(プロ)のチョイスが
確かに一番だと思ったので 信用してみる事にしました

 
そして 選んだミシンは
       JUKI EXCEED HZL-F600JP キルトスペシャル

                ミシンキルトなんてしないが 大丈夫か私っ



このミシン JUKI EXCEED HZL-F600JP は 
JUKIが工業用のノウハウで作った
職業用ミシンに近いとされるコンピューターミシンだそうです
コンピューターミシンって 今まで1度も使ったことがないし
なんだか高そう (いやホントに高いです びっくりした!!!)
            が 問い合わせをしてみると
            ふむふむなお値段 (そりゃ 高いにかわりないけれど
                      私の今後の夢をしょってるミシンです
                      ここで ケチったら女がすたるよっ
                           (プリキュア風に))

これは もう悩んでいる暇はないと
値段問い合わせの後 すぐに注文しました


すると‥

06から始まる 電話の着信が!
   この時点で 「おっミシン屋さんからだなっ」と 察しがつきました
予想を裏切らない 関西弁のおっちゃん(監督っ すみませんっ おっちゃんだなんて!)の声

いろいろ話を進めていくと‥
 「あなたが Qちゃん
  私が 小出監督です
  これからは 大船に乗ったつもりで
  何でも相談してください!」と
  しもだ監督は おっしゃいました

まさに まさに
これから私がしようとしている事を
後押ししてくれるような一言!

「縁」が 繋がった感じです

仕事中だった私ですが そんなこともすっかり忘れる位に
盛り上がって 楽しい電話の時間を過ごしました


しもだ監督っ
  (「っ」が大事よ)
私 がんばります!

(そうそう マラソン42km走ったことがあるんです!
 つらかったけれど 感動的でした) 

いい出会いに感謝☆

しもだミシンさんはこちら



 
  1. 2012/09/25(火) 17:31:33|
  2. 縫製の勉強
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。